忍者ブログ
ラカン精神科学研究所では、心の病、悩み相談・治療をしています。薬物や催眠・暗示を使わず主に精神分析という対話療法です。その他ご相談もお受けします。 埼玉県鴻巣市にセラピールームがあります。 遠方の方には出張セラピー、スカイプ・電話によるセラピーも行っています。 詳しくは下記ホームページを参照し、お問い合わせください。 ラカン精神科学研究所ホームページ http://lacan-msl.com/ 登校拒否、引きこもり、ニート、自殺念慮、非行、家庭内暴力、神経症(強迫神経症・不安神経症など)、恐怖症(対人恐怖症・広場恐怖症など)、パニック障害、摂食障害(過食症・拒食症)、家族問題(子育ての悩み・親子関係・夫婦関係)・・などその他ご相談ください。
〓 Admin 〓
<< 07   2019 / 08   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     09 >>
[77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67

当研究所に相談に来られる人は、子供の不登校や引きこもり、本人ならば”うつ状態”や人間関係の悩み、子育て不安などと現実的に頭で考えても分からない。
何故こうなるのか? そこには見えない世界・自分自身も知らない世界に答えがある。
しかし、こちらが「この場所に問題があります」と提示しても、自分の思考する中になければ信じようとしない。
「でも先生こうじゃないのですか」「しかし、それが原因ですか」等と反論する。自分の考えで行動して来て行き詰まり、どうしていいのか分からず相談に来ているにもかかわらず、抵抗する。
これは、自分自身に自信が無く何も出来ない事を知っていて、なおかつ自己否定感を持っていて、自分はダメだと思っている。
それを明らかにされたくない。その反動で強がっているだけである。自分は何も知らない何も出来ない人間であると認める勇気がないのである。
元々親に厳しく育てられ、何もさせて貰っていない。承認と賞賛の無い環境で育っている為、自分のする事に自信が無い人になっている。
 精神分析は、それは他者(養育者/主に母)によって作られた者で、本当の自分ではない事を明らかにする。
何もやらせてもらえず、親の指示・命令で動いていた自分が ”自らの思いで自らが動き出す”やったことの無い行動をして行かなければならない所に難しさがある。
過去の自分と戦いながら未来に向って行く、非常に難関であり時間も年単位でやらなければならない。
しかし、あきらめずやり続ければ必ず光明は見え、いつしか変容するのである。
この前、ある本に出会った。宮本延春氏の「オール1の落ちこぼれ、教師になる」という本である。
 彼は中学生の時、成績が全科目1であった。卒業の時・わずか技術と音楽が2になっただけ。
学力といえば国語の漢字は自分の名前が書けるだけ・数学は九九が二の段までしか言えず、英語はbookしか書けないと言う状態であった。
しかし、不思議なことにテレビで見たアインシュタイン博士の「相対性理論」を解説したフィクションを見て、物理学を勉強したいと言う目的が出来た。これに向って奇跡と言うべき怒涛の進撃を開始するのである。
小学生3年生のドリルを独学でやり始め、24歳で定時制高校(私立豊川高校)に入学、この時先生をも動かし特別に補習をしてもらい、勤め先の渋山建設の社長と専務に多大なる協力と支援をしてもらい、大学に行くための勉強をした。
何故そこまでしなければならないのか?16歳で母をなくし18歳で父をなくし経済的には一人でやらなければいけない。
私立に行く資金は無いので国立を目指さなければならない。そして多くの人の支えと本人の努力で27歳の時名古屋大学・現役合格をしたのである。(後に36歳で豊川高校の教師になる。)
 分析は目的を明確に言語化し、それに向って何をすべきかと都度、言葉にし行動して行けば、思ったとおりの自分になれるといい続けている。
この宮本氏の結果を見た時に、我々が叫び続けてたことを証明されたと感動し、又意を強くして叫び続けるようと新たな決意が出来た。ちなみに彼は生徒に言っている事は「出来ないと諦めない!」
当研究所の信条「絶対あきらめない」と一致した事も感動であった。

<p><a href="http://www.k5.dion.ne.jp/~kanaya/index.htm">金谷精神療法研究所</a></p>

インテグレーター 諸法皆空(金谷章吉)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新CM
[07/30 ゆき]
[05/11 敬語のマナー]
[07/09 mikan]
[11/28 解脱金剛]
[11/23 ち〜]
最新TB
プロフィール
HN:
登張豊実(2014年改名)
性別:
女性
職業:
インテグレーター(精神分析家)
趣味:
スポーツ 着物
自己紹介:
1958(S.33)年 滋賀県大津市に生まれる。
1983(S.58)年 結婚とともに京都市伏見区に住む。後に二女の母親になる。
1994(H.06)年 精神分析を受け始める

 二人の娘をのびのびと心豊かに、優しく育てたいと願いながら、全く逆に口うるさく命令指示し、手さえ上げてしまう自分に愕然とし、これは治療の範囲であることを自覚し、分析治療に入る。

1996(H.08)年 大沢精神科学研究所のインテグレーター養成講座で、3年間精神分析理論を学ぶ。
1999(H.11)年 吉川精神科学研究所を開設する。
1999(H.11)年 母親教室開始。
2001(H.13)年 吉川精神科学研究所ホームページ開設
2004(H.16)年 ラカン精神科学研究所に名称を改め、インテグレーター名を天海有輝とする。
2004(H.16)年 ラカン精神科学研究所ホームページ開設
2005(H.17)年 京都府青少年の社会的ひきこもり支援ネットワーク協力参加
2007(H.19)年 天海有輝のセラピー日記(ブログ)開設
2007(H.19)年 ㈱ラボックスの「京都良店」に「京都良店的深層心理テスト」掲載開始。
2007(H.19)年 分析理論講座・インテグレーター養成講座開始。

 ラカン精神科学研究所の名称と、インテグレーター名「天海有輝」は、精神分析的考えのもと、他者の願望や欲望によって付けられた、子ども時代の名前を改め、自らの意思と主体性をもって、自らが名づけました。フランスの分析家ジャック・ラカンを目指し、また無意識という闇を意識の光で照らし、自らも天と海の間にあって、光り輝く人となるように、そういう意味を込めました。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Copyright(c) ラカン精神科学研究所(埼玉県鴻巣市) All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by flower&clover *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]