忍者ブログ
心の悩み・病理を薬物や催眠・暗示を使わず主に精神分析という対話療法で治療します。 登校拒否、引きこもり、ニート、自殺念慮、非行、家庭内暴力、神経症(強迫神経症・不安神経症など)、恐怖症(対人恐怖症・広場恐怖症など)、パニック障害、摂食障害(過食症・拒食症)、家族問題(子育ての悩み・親子関係・夫婦関係)・・などその他ご相談ください。
〓 Admin 〓
<< 04   2017 / 05   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     06 >>
[175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165

1回目の振袖写真撮りが、着物レンタル先の写真館のミスで、美容院に連絡がいっておらず、急遽呼ばれた美容師に大急ぎでヘアメイクと着付けをされた。

どうしても納得のいかない娘は、自分で電話をし、もう一度同じ着物を貸してもらえるよう交渉し、写真撮りのやり直しをしたいと言った。

今度は、ヘアメイク、着付けを打ち合わせして、こうして欲しいとしっかり伝えられるところを娘は自分で探し、電話連絡し、実際に足を運んで、今度こそ失敗の無いように、納得のいくように運んだ。

結果、4月2日に着物や小物を美容院に持っていき、前日の打ち合わせをするため、二人で出かけた。

翌4月3日、自分のして欲しいメイクと髪型、帯の結びをしてもらい、満足した様子。

娘いわく「1回目とは全然違う」「して欲しいようにしてもらえて満足」と言った。

確かにメイクもしっかりしてもらい、髪型も綺麗に仕上がった。

(ちなみに美容院は、京阪「島ノ関駅」下車、信号を渡ってすぐの、マシュマロさん。

娘の満足いくように丁寧にしていただき、ありがとうございました)

大急ぎの中、弟子を不機嫌にしかりながら着付けた人の仕事とは全然違っていた。

その足で、これまた娘が探し予約した写真屋さんへ行き、写真を撮ってもらった。

そこから少し歩いて、琵琶湖ホテルへ行き、お茶を飲んで、二人でプリクラを撮り、デジカメで写真をいっぱい撮った。

娘は言った、「これでもう思い残すことは無い。これで前に進める」と。

満足すれば子どもはそこから離れ、心を残すことなく次の段階に進めると精神発達論は言う。

そしてクライアント達にそう話してきた、そのままのことを娘の口から聞いた。

1回目の写真撮りをしたところから、どの写真を引き伸ばすかサンプルの写真が届いたが、娘は「そんな写真はいらないと写真館に言って」と言うので、その通りに電話をして伝えた。

それでも、何日かして撮った写真が少し引き伸ばされて、送られてきた。

娘はそのままその写真を、写真館に送り返した。

引越し前後の忙しい中、2度の写真撮りをし、倒れそうになりながらも娘の要求に付き合えてよかった。

電話が苦手で、何かあると私に頼み、自分ではしなかった娘が、自分で全て動いた。

娘の成長が目に見えてわかった。

これが私たち親子の娘と二人の成人式となった。


子育て(日常の接し方・不登校・ひきこもり・非行など)の悩み、疑問等ご相談ください。

http://lacan-msl.com/contents.htmlラカン精神科学研究所のホームページはこちらです。

この日記は研究所の日々の活動内容が綴られています.。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11 13
15 16 18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[07/30 ゆき]
[05/11 敬語のマナー]
[07/09 mikan]
[11/28 解脱金剛]
[11/23 ち〜]
最新TB
プロフィール
HN:
登張豊実(2014年改名)
性別:
女性
職業:
インテグレーター(精神分析家)
趣味:
スポーツ 着物
自己紹介:
1958(S.33)年 滋賀県大津市に生まれる。
1983(S.58)年 結婚とともに京都市伏見区に住む。後に二女の母親になる。
1994(H.06)年 精神分析を受け始める

 二人の娘をのびのびと心豊かに、優しく育てたいと願いながら、全く逆に口うるさく命令指示し、手さえ上げてしまう自分に愕然とし、これは治療の範囲であることを自覚し、分析治療に入る。

1996(H.08)年 大沢精神科学研究所のインテグレーター養成講座で、3年間精神分析理論を学ぶ。
1999(H.11)年 吉川精神科学研究所を開設する。
1999(H.11)年 母親教室開始。
2001(H.13)年 吉川精神科学研究所ホームページ開設
2004(H.16)年 ラカン精神科学研究所に名称を改め、インテグレーター名を天海有輝とする。
2004(H.16)年 ラカン精神科学研究所ホームページ開設
2005(H.17)年 京都府青少年の社会的ひきこもり支援ネットワーク協力参加
2007(H.19)年 天海有輝のセラピー日記(ブログ)開設
2007(H.19)年 ㈱ラボックスの「京都良店」に「京都良店的深層心理テスト」掲載開始。
2007(H.19)年 分析理論講座・インテグレーター養成講座開始。

 ラカン精神科学研究所の名称と、インテグレーター名「天海有輝」は、精神分析的考えのもと、他者の願望や欲望によって付けられた、子ども時代の名前を改め、自らの意思と主体性をもって、自らが名づけました。フランスの分析家ジャック・ラカンを目指し、また無意識という闇を意識の光で照らし、自らも天と海の間にあって、光り輝く人となるように、そういう意味を込めました。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Copyright(c) ラカン精神科学研究所 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by flower&clover *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]