忍者ブログ
心の悩み・病理を薬物や催眠・暗示を使わず主に精神分析という対話療法で治療します。 登校拒否、引きこもり、ニート、自殺念慮、非行、家庭内暴力、神経症(強迫神経症・不安神経症など)、恐怖症(対人恐怖症・広場恐怖症など)、パニック障害、摂食障害(過食症・拒食症)、家族問題(子育ての悩み・親子関係・夫婦関係)・・などその他ご相談ください。
〓 Admin 〓
<< 06   2017 / 07   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     08 >>
[1642]  [1641]  [1640]  [1639]  [1638]  [1637]  [1636]  [1635]  [1634]  [1633]  [1632

 

フジテレビで今放送中のHOPE~期待ゼロの新入社員~』をご覧でしょうか。

 

2014年に韓国のケーブルテレビ局で放送された連続ドラマ『ミセン-未生-』が

 

原作で、囲碁のプロ棋士になれなかった青年が総合商社で働くこととなり、

 

彼がひとりの会社人として成長していく様を描いたヒューマンドラマです。

 

 

主人公の一ノ瀬歩(いちのせ・あゆむ)は幼い頃に囲碁に出会い、

 

プロ棋士を夢見て、それからの時間すべてを囲碁に捧げてきました。

 

高校生のころ、父親が病気で他界。

 

日本のプロ棋士採用試験には23歳未満の人しか受けられない、という年齢制限が

 

あるため、22歳になった一ノ瀬は、最後のチャンスと囲碁に励みます。

 

しかし、プロ棋士採用試験前日の夜、母親が過労で倒れ、

 

一ノ瀬も試験に落ちてしまいます。

 

囲碁の道が閉ざされ、失意のままアルバイトに明け暮れる日々を過ごしますが、

 

とある総合商社で最終段階をむかえている採用試験を一ノ瀬が受けられる事になります。

 

試験内容は1ヵ月のインターンシップ。

 

英語はもちろん何ヵ国語も話せて当たり前、特殊な貿易用語が飛び交う世界で、

 

満足な社会経験も学歴もない一ノ瀬は、コピーの仕方すら分からず、打ちのめされます。

 

会社からの期待度0%の一之瀬。

 

それでも、周りから嘲笑されるほどの必死さと、囲碁で培われた洞察力と

 

記憶力を武器に、なんとか組織の一員になろうと、ひたむきに仕事に向き合います。

 

更に詳しいあらすじは、、http://www.fujitv.co.jp/hope/index.htmlでどうぞ。

 

 

最近放映された第7話で、一之瀬のセリフ、

 

「課長は、僕のために必死で踏ん張ってくれてるんです。本当は嬉しいです。

 

こんな僕にでも、手を差し伸べようとしてくれた。

 

いつだって、どんな時だって、僕のことを受け止めてくれました。

 

いつもちゃんと見てくれていた。

 

それだけでも十分なんです」と泣きながら言います。

 

 

これは子育ての時の、親の子どもへのまなざしと対応に通じます。

 

家庭においては、父も子どもをこのように守り、受け止め、

 

まなざしを向けます。

 

それが会社や社会では、今度は部下を育てる事になります。

 

人を育てるという意味では同じ共通点があります。

 

子どもを育てるのは、決して母親だけの仕事や役目ではありません。

 

エディプス期以降は父が登場して、子どもが言葉を使いこなすようになる

 

家族の発達段階でいえば、第三期の発達期:子どもが学童期の時期からは、

 

言語の担い手としての父が家庭での子どもの教育の主人公になります。

 

その父が仕事にかこつけて、家庭を顧みなかったり、

 

言語を持っていなかったりすれば、子どもは社会性を学ぶ事はできません。

 

言葉を正しく使えなければ相手に自分の気持ちや意見を伝えられず、

 

理解してもらう事もできません。

 

すると当然孤立し、友達をつくるなど人と関係を持つことが難しくなり、

 

次第に社会的にひきこもっていくことにもなります。

 

 

子ども・人を育て、社会に送り出す事は簡単な事ではありません。

 

子どもを育てる親の側の能力、それにふさわしい心身の発達を遂げているかなどが問われます。

 

 

このドラマを見て、あたらめて子どもにとって父親の役目の大切さを考えさせられました。

 

 

家族について、そして父親・母親の役目、子どもへの関わり方、

 

家族も時間と共に成長・発展してくその筋道などを

 

『精神分析理論講座』 の 《家族》 の項目で解説しています。

 

 

興味・関心のある方,受講に関しては、<a href="http://lacan-msl.com/">ラカン精神科学研究所のホームページ</a> をご覧ください。

 

問い合わせ先は、下記のところへどうぞ。

 

077-558-8766(電話) 

 

090-7357-4540(携帯電話)

 

050-1504-3098(Softbank BBフォン)

 

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)

 

 

             ラカン精神科学研究所 セラピスト  登張豊実

 

 

http://lacan-msl.com/ラカン 精神科学研究所のホームページ

 

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

 

http://archive.mag2.com/0001106260/index.htm lラカン精神科学研究所メールマガジン

 

http://www.sifuku-no-yakata.com/ 始源回帰セラピー

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 6 7 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[07/30 ゆき]
[05/11 敬語のマナー]
[07/09 mikan]
[11/28 解脱金剛]
[11/23 ち〜]
最新TB
プロフィール
HN:
登張豊実(2014年改名)
性別:
女性
職業:
インテグレーター(精神分析家)
趣味:
スポーツ 着物
自己紹介:
1958(S.33)年 滋賀県大津市に生まれる。
1983(S.58)年 結婚とともに京都市伏見区に住む。後に二女の母親になる。
1994(H.06)年 精神分析を受け始める

 二人の娘をのびのびと心豊かに、優しく育てたいと願いながら、全く逆に口うるさく命令指示し、手さえ上げてしまう自分に愕然とし、これは治療の範囲であることを自覚し、分析治療に入る。

1996(H.08)年 大沢精神科学研究所のインテグレーター養成講座で、3年間精神分析理論を学ぶ。
1999(H.11)年 吉川精神科学研究所を開設する。
1999(H.11)年 母親教室開始。
2001(H.13)年 吉川精神科学研究所ホームページ開設
2004(H.16)年 ラカン精神科学研究所に名称を改め、インテグレーター名を天海有輝とする。
2004(H.16)年 ラカン精神科学研究所ホームページ開設
2005(H.17)年 京都府青少年の社会的ひきこもり支援ネットワーク協力参加
2007(H.19)年 天海有輝のセラピー日記(ブログ)開設
2007(H.19)年 ㈱ラボックスの「京都良店」に「京都良店的深層心理テスト」掲載開始。
2007(H.19)年 分析理論講座・インテグレーター養成講座開始。

 ラカン精神科学研究所の名称と、インテグレーター名「天海有輝」は、精神分析的考えのもと、他者の願望や欲望によって付けられた、子ども時代の名前を改め、自らの意思と主体性をもって、自らが名づけました。フランスの分析家ジャック・ラカンを目指し、また無意識という闇を意識の光で照らし、自らも天と海の間にあって、光り輝く人となるように、そういう意味を込めました。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Copyright(c) ラカン精神科学研究所 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by flower&clover *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]