忍者ブログ
心の悩み・病理を薬物や催眠・暗示を使わず主に精神分析という対話療法で治療します。 登校拒否、引きこもり、ニート、自殺念慮、非行、家庭内暴力、神経症(強迫神経症・不安神経症など)、恐怖症(対人恐怖症・広場恐怖症など)、パニック障害、摂食障害(過食症・拒食症)、家族問題(子育ての悩み・親子関係・夫婦関係)・・などその他ご相談ください。
〓 Admin 〓
<< 09   2017 / 10   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     11 >>
[1585]  [1584]  [1583]  [1582]  [1581]  [1580]  [1579]  [1578]  [1577]  [1576]  [1575

 

対人恐怖の根本にあるのは、見られているという受身性です。

 

自分には、対象や他者を積極的に見る自分と、

 

対象や他者から見られる受身的自分がいます。

 

 

まず自分が相手を見るという視点があって、

 

次に自分が見た反応として、他者も自分を見る、

 

この順序であれば対人恐怖症ではありません。

 

 

ところが対人恐怖症の人は、他者に見られる視点しかなく、

 

ただ一方的に見られている、他者の目前にさらされていると感じます。

 

自分がさらし者にされているというイメージが恥ずかしさになり、

 

一方的に自分は見られていて、どうにも成すすべがないと思います。

 

自分の嫌なところ醜いところ、見て欲しくないところを

 

全部発見されてしまうのではないかと恐れます。

 

 

そんな自分を隠したいとなって、サングラスをかける人もいます。

 

「目は心の鏡」:目はその人の心を映し出す鏡のようなものだから、

 

目を見ればその人の心のあり様が読み取れるものである、というように

 

目を隠せば心を読み取れる事は無いと考えるためです。

 

 

他者の目前にさらされたとしても、自我がしっかりしていれば

 

「私は私」という自己意識があります。

 

すると、他者の視線は自我境界で食い止める、または撥ね返す事が出来

 

言い返す事も出来ます。

 

自我が未成熟であると気弱になり、他者に強く言われると言い返せません。

 

自分に主体性がなく自己主張出来ないで他者に合わせて、

 

言われるままに行動し、結果振り回されます。

 

 

自我境界がしっかりしていないので、簡単に他者に侵入されて

 

自分の考え行動までも、乗っ取られてしまいます。

 

例えば親が子どもに「もう勝手にしなさい」と言えば、

 

子どもは見捨てられる恐さを感じて、親の言う事をききます。

 

こうして親は子どもを簡単に自由に操れます。

 

日常的によく使われるセリフだと思います。

 

 

本当は他者の言う通りにはしたくない、でもそうしなくてはならない、

 

この二つの自分が葛藤し、心的エネルギーは浪費されます。

 

 

人と関わる事で疲れると、対人関係からも退却する事になります。

 

 

私は子どもの頃から対人恐怖症で、理論通り自我脆弱で自我境界がなく、

 

簡単に他者に侵入され、操られ、言いたい事も言えずにいた。

 

だから一人が楽だと思っていたんだと、講座で学び納得しました。

 

 

子どもの自我、自信、肯定感をつくるのが親の承認と賞賛です。

 

これらがあれば対人恐怖症になりません。

 

否定せず「そうだね」と子どもの言う事、する事を認め、

 

子どもを普段からよく見て、出来た事・努力した事を褒めてあげてください。

 

 

- インテグレーター養成講座Ⅱ 病理 恐怖症 -

          2016.4.14講座内容より

 

 

ラカン精神科学研究所メールマガジンも参照ください。

 

http://archives.mag2.com/0001106260/20150701100000003.html ラカン精神科学研究所メールマガジン テーマ「対人恐怖」

 

http://archives.mag2.com/0001106260/20150801100000003.html ラカン精神科学研究所メールマガジン テーマ「対人恐怖の治療」

 

 

       インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

 

 

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページ

 

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

 

http://archive.mag2.com/0001106260/index.htm ラカン精神科学研究所メールマガジン

 

http://www.sifuku-no-yakata.com/ 始源回帰セラピー

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
9 13
20
24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[07/30 ゆき]
[05/11 敬語のマナー]
[07/09 mikan]
[11/28 解脱金剛]
[11/23 ち〜]
最新TB
プロフィール
HN:
登張豊実(2014年改名)
性別:
女性
職業:
インテグレーター(精神分析家)
趣味:
スポーツ 着物
自己紹介:
1958(S.33)年 滋賀県大津市に生まれる。
1983(S.58)年 結婚とともに京都市伏見区に住む。後に二女の母親になる。
1994(H.06)年 精神分析を受け始める

 二人の娘をのびのびと心豊かに、優しく育てたいと願いながら、全く逆に口うるさく命令指示し、手さえ上げてしまう自分に愕然とし、これは治療の範囲であることを自覚し、分析治療に入る。

1996(H.08)年 大沢精神科学研究所のインテグレーター養成講座で、3年間精神分析理論を学ぶ。
1999(H.11)年 吉川精神科学研究所を開設する。
1999(H.11)年 母親教室開始。
2001(H.13)年 吉川精神科学研究所ホームページ開設
2004(H.16)年 ラカン精神科学研究所に名称を改め、インテグレーター名を天海有輝とする。
2004(H.16)年 ラカン精神科学研究所ホームページ開設
2005(H.17)年 京都府青少年の社会的ひきこもり支援ネットワーク協力参加
2007(H.19)年 天海有輝のセラピー日記(ブログ)開設
2007(H.19)年 ㈱ラボックスの「京都良店」に「京都良店的深層心理テスト」掲載開始。
2007(H.19)年 分析理論講座・インテグレーター養成講座開始。

 ラカン精神科学研究所の名称と、インテグレーター名「天海有輝」は、精神分析的考えのもと、他者の願望や欲望によって付けられた、子ども時代の名前を改め、自らの意思と主体性をもって、自らが名づけました。フランスの分析家ジャック・ラカンを目指し、また無意識という闇を意識の光で照らし、自らも天と海の間にあって、光り輝く人となるように、そういう意味を込めました。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Copyright(c) ラカン精神科学研究所 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by flower&clover *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]