忍者ブログ
ラカン精神科学研究所では、心の病、悩み相談・治療をしています。薬物や催眠・暗示を使わず主に精神分析という対話療法です。その他ご相談もお受けします。 埼玉県鴻巣市にセラピールームがあります。 遠方の方には出張セラピー、スカイプ・電話によるセラピーも行っています。 詳しくは下記ホームページを参照し、お問い合わせください。 ラカン精神科学研究所ホームページ http://lacan-msl.com/ 登校拒否、引きこもり、ニート、自殺念慮、非行、家庭内暴力、神経症(強迫神経症・不安神経症など)、恐怖症(対人恐怖症・広場恐怖症など)、パニック障害、摂食障害(過食症・拒食症)、家族問題(子育ての悩み・親子関係・夫婦関係)・・などその他ご相談ください。
〓 Admin 〓
<< 06   2019 / 07   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     08 >>
[881]  [880]  [879]  [878]  [877]  [876]  [875]  [874]  [873]  [872]  [871
分析家の独り言 444(母なるもの母性とは)に続き、「オールOK!子育て法」のサイトの追加文章、紹介します。
 
 
<オールOKするための話し合いが精神分析>
 
母なるもの(母性)を、わかりやすく翻訳したものが、「オールOK」子育て法です。
 
母親が知性に裏付けられた配慮と思いやり、連綿とした優しさという包容力、この環境の中で育って来なかった場合には、子どもに欠損した状態しか伝えられません。
 
そこで、母性を持った母の演技をしてもらえるように分析をしていきます。母性を知らず持っていなければ本来は出来ないのですが、言葉によって伝えることが出来るため、そのシナリオをお母さんに渡します。それが「オールOK」かつ「敏速・適確・一貫」ということです。
 
「オールOKすると、子どもが我がままになる」と言われます。しかし子どもが我がままでないことが問題なのです。
 
子どもが本当の気持ちを親に言えず、親の顔色を見て気を使い配慮しています。これは親が子どもに甘えていることであり、親と子の立場が逆転しています。
 
これでは子どもの心は育ちません。正常な親子の立場(子どもが親に甘える)に戻すために「オールOK」するのです。
 
これを言ったら怒られるだろう、ダメと言われるだろうと子どもは思うから、言いたいことを言わなくなっています。
 
親もその方が楽なのです。
 
子どもに「あれして」「これして」と言われると、手間やお金がかかります。
 
こうして言いたいことを言わず、親に反抗しないで、言われたままに動く、おとなしい子を世間では「いい子」と言います。
 
どうせ親に言っても仕様がない、言わないことがいい事だと学習し、そう決めた時、その子は自分を捨てて、親の言う通りに動くロボットとなったのです。
 
こうして、子どもが親の顔色を見るのではなく、安心して親の懐に飛び込める環境を、「オールOK」によってつくります。
 
「オールOK」することは、「お母さんはあなたに何も否定したり、ダメと言いません。負けました。」と白旗を揚げる、子どもへの前面降伏です。
 
これが母親には屈辱的で、子どもになめられてたまるかと思うため、白旗を揚げられず、子どもとぶつかるのです。どうせいつかは子どもに抜かれるのですから、さっさと揚げてしまうことです。
 
また、子どもの使命は親を越えていくことです。親をバカにし、えらそうな口をきき、親を踏み台にして大人の世界に入って行く、これが特に思春期に顕著になります。しかし親は、「オールOK」することで自分が無能でバカになったかのように感じ、この屈辱感を味わいたくないのです。
 
この屈辱感を運良く乗り越えたとしても、次にもっと屈辱を感じる、「敏速かつ適確」にという課題が待っています。
 
これは子どもに言われるままに動く奴隷か召使いとなることと等しく感じます。母親は「私はあなたの召使いではない、私があなたを産んだのよ」と言い、子どもの上に立っていたいのです。
 
だから子どもに言われるままに動くものかと思い、子どもの要求に応えることをなるべく遅らせる、ずらす言動を無意識にとってしまうでしょう。「
 
後で」「ちょっと待って」「いつか」・・・と言う母に子どもは根負けして、なし崩しになっていきます。
 
更に、「一貫」してやり続けるという課題が待っています。
 
「オールOK」をすると決めて、3,4日、一週間なら何とか出来るのですが、また「ダメ」と言ってしまったりして、戻ってしまします。
 
「オールOK」するには根気と継続が必要です。
 
子どもは、連綿たる優しさと配慮全体の中で生まれ変わり、生きかえるのです。
 
これが子どもの変容・成長につながります。
オールOK」かつ「敏速・適確・一貫」は、子どものあらゆる精神病理を治す方法です。これを「育て直し」と言います。
 
母なるもの(母性)の条件のシナリオを渡し、実践し変容するのに三年かかります。このための話し合いが精神分析です。
 
正しい母性的環境で育たなかった母親の無意識の葛藤が問題であり、「オールOK」のシナリオを渡されても、そのシナリオ通りに出来ません。
 
頭ではわかっていても、心が動かない、体が動かない、まなざし・声がかけられない。この障害を取り除かない限り、頭でわかっていても「オールOK」が一貫せず、持続しないのです。
 
最初から完成したシナリオを渡しているにも関わらす出来ないのは、無意識の葛藤があるためです。
 
この無意識が関わった葛藤は意識することが出来ず、当然コントロールすることも出来ないため、無意識をみていく精神分析が必要なのです。
 
   
  インテグレーター(精神分析家)  安朋一実
 
 
精神分析、各講座、その他ご相談に関する詳しいことは、下記ラカン精神科学研究所ホームページを御覧ください。
                ↓
http://lacan-msl.com/contents.html ラカン精神科学研究所のホームページ
 
http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法のページ
 
http://indoor.lacan-msl.com/ 不登校・ひきこもりに悩む方々へのページ
 
http://lacan-msl.com/hikou/ 非行・家庭内暴力に悩む方々へのページ
 
http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[07/30 ゆき]
[05/11 敬語のマナー]
[07/09 mikan]
[11/28 解脱金剛]
[11/23 ち〜]
最新TB
プロフィール
HN:
登張豊実(2014年改名)
性別:
女性
職業:
インテグレーター(精神分析家)
趣味:
スポーツ 着物
自己紹介:
1958(S.33)年 滋賀県大津市に生まれる。
1983(S.58)年 結婚とともに京都市伏見区に住む。後に二女の母親になる。
1994(H.06)年 精神分析を受け始める

 二人の娘をのびのびと心豊かに、優しく育てたいと願いながら、全く逆に口うるさく命令指示し、手さえ上げてしまう自分に愕然とし、これは治療の範囲であることを自覚し、分析治療に入る。

1996(H.08)年 大沢精神科学研究所のインテグレーター養成講座で、3年間精神分析理論を学ぶ。
1999(H.11)年 吉川精神科学研究所を開設する。
1999(H.11)年 母親教室開始。
2001(H.13)年 吉川精神科学研究所ホームページ開設
2004(H.16)年 ラカン精神科学研究所に名称を改め、インテグレーター名を天海有輝とする。
2004(H.16)年 ラカン精神科学研究所ホームページ開設
2005(H.17)年 京都府青少年の社会的ひきこもり支援ネットワーク協力参加
2007(H.19)年 天海有輝のセラピー日記(ブログ)開設
2007(H.19)年 ㈱ラボックスの「京都良店」に「京都良店的深層心理テスト」掲載開始。
2007(H.19)年 分析理論講座・インテグレーター養成講座開始。

 ラカン精神科学研究所の名称と、インテグレーター名「天海有輝」は、精神分析的考えのもと、他者の願望や欲望によって付けられた、子ども時代の名前を改め、自らの意思と主体性をもって、自らが名づけました。フランスの分析家ジャック・ラカンを目指し、また無意識という闇を意識の光で照らし、自らも天と海の間にあって、光り輝く人となるように、そういう意味を込めました。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Copyright(c) ラカン精神科学研究所(埼玉県鴻巣市) All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by flower&clover *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]