忍者ブログ
ラカン精神科学研究所では、心の病、悩み相談・治療をしています。薬物や催眠・暗示を使わず主に精神分析という対話療法です。その他ご相談もお受けします。 埼玉県鴻巣市にセラピールームがあります。 遠方の方には出張セラピー、スカイプ・電話によるセラピーも行っています。 詳しくは下記ホームページを参照し、お問い合わせください。 ラカン精神科学研究所ホームページ http://lacan-msl.com/ 登校拒否、引きこもり、ニート、自殺念慮、非行、家庭内暴力、神経症(強迫神経症・不安神経症など)、恐怖症(対人恐怖症・広場恐怖症など)、パニック障害、摂食障害(過食症・拒食症)、家族問題(子育ての悩み・親子関係・夫婦関係)・・などその他ご相談ください。
〓 Admin 〓
<< 09   2019 / 10   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     11 >>
[30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20

16歳二女は、自分が魔女だという幻想を抱いていた。それは殺人を犯すとき、儀式化として黒いワンピースを着たことからもわかる。
魔女である彼女は、鎌の代わりに斧を持って、夫の女性関係に恨みを持ち、復讐するという母の欲望を達成した。うつ病になってしまっていた母の夫への殺意を、二女であり魔女である彼女は汲み取り、殺人を実行した。
それは、母の欲望ということだけではなく、もう一つには、彼女の象徴的去勢を、父に向かって成し遂げたのである。この父にはおそらく威厳も何もなかっただろう。だから彼女は自分の意味をつくりたかった。母が嫌う父を殺すことが、彼女の魔女狩り(異端分子と見なす人物に対して、権力者が不法の制裁を加える)であった。そうすることによって彼女は魔女として復活した。彼女は主体性を抹殺され人間でないものになっていたので、殺人を成就すれば魔女になりきれる、そのためには父を殺す必要があった。
このように自分の意味をつくることを去勢(=象徴化)するという。打つということは去勢である。だから父の首を斧を振り下ろして切った。「象徴的去勢は叩くという行為で表される」とフロイトは言っている。叩く=(斧を)振り下ろす⇒象徴的去勢を意味する。これを彼女は象徴界で出来ないために、現実界と想像界でやってしまった。彼女には象徴界がない。現実界と想像界しかないため、魔女という想像界と意味を使って、自分を魔女としてこの世に復活させた。想像界(自分は魔女であるという幻想)をさらに現実界で行為化してしまった。
これは典型的な病理である。
彼女は自分が魔女であるという幻想がなければ、殺人という行為は出来なかった。彼女がそう思う何かが、彼女の養育史上あったはずであるが、それは今の時点ではわからない。ただ、中学のとき劇で魔女役を演じている。
母は、夫に見棄てられ、うつ(1~2ヶ月ひきこもって外に出なかった)になっていた。その母の無念を晴らすというあだ討ちの意味も含まれているだろう。
いろんな意味を複合している。その中心にあるのは、魔女という概念である。
そこに、母は娘である16歳の二女に父親のことを相談していたとあるように、いろんなことを吹き込んだのだろう。魔女幻想を持った彼女にとっては、うってつけのストーリーだった。
魔女とは、自分の中に悪魔の力がある。それは成長する過程で自分の中に分けのわからない衝動(破壊衝動やエロスティックな衝動タナトス的な衝動など)がある。それらを意識化できないために、自分が奇妙な存在になる。それが彼女の場合には魔女という概念になった。

福島の母親殺人事件は、男子であったために、ファルスは1本化しており明解であったが、女性の場合いろんな要素(いろんな想いや価値観)が重なって複合してしまう。ここに一般的にも男性は単純、女性は複雑と言われる根拠がある。最終的に一本化するために使われたのが幻想であった。彼女には魔女というキャラクターがあったために一本化してしまった。それによって全てが現象化・結晶化してしまい、行為化できてしまう。この中心がなければ分散してしまい、どれも行為化できない。普通の人はそこに至らない。
中心に何を持つかで決まる。いいものを持てば、自己を成長発展させ、人にも喜ばれる。
彼女の場合は、魔女という想像界的ファルスが入ってしまった。人間特に女性には核となるある一つのイメージが入らないとまとまらない。

以上報道された情報からこの事件を分析してみた。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[07/30 ゆき]
[05/11 敬語のマナー]
[07/09 mikan]
[11/28 解脱金剛]
[11/23 ち〜]
最新TB
プロフィール
HN:
登張豊実(2014年改名)
性別:
女性
職業:
インテグレーター(精神分析家)
趣味:
スポーツ 着物
自己紹介:
1958(S.33)年 滋賀県大津市に生まれる。
1983(S.58)年 結婚とともに京都市伏見区に住む。後に二女の母親になる。
1994(H.06)年 精神分析を受け始める

 二人の娘をのびのびと心豊かに、優しく育てたいと願いながら、全く逆に口うるさく命令指示し、手さえ上げてしまう自分に愕然とし、これは治療の範囲であることを自覚し、分析治療に入る。

1996(H.08)年 大沢精神科学研究所のインテグレーター養成講座で、3年間精神分析理論を学ぶ。
1999(H.11)年 吉川精神科学研究所を開設する。
1999(H.11)年 母親教室開始。
2001(H.13)年 吉川精神科学研究所ホームページ開設
2004(H.16)年 ラカン精神科学研究所に名称を改め、インテグレーター名を天海有輝とする。
2004(H.16)年 ラカン精神科学研究所ホームページ開設
2005(H.17)年 京都府青少年の社会的ひきこもり支援ネットワーク協力参加
2007(H.19)年 天海有輝のセラピー日記(ブログ)開設
2007(H.19)年 ㈱ラボックスの「京都良店」に「京都良店的深層心理テスト」掲載開始。
2007(H.19)年 分析理論講座・インテグレーター養成講座開始。

 ラカン精神科学研究所の名称と、インテグレーター名「天海有輝」は、精神分析的考えのもと、他者の願望や欲望によって付けられた、子ども時代の名前を改め、自らの意思と主体性をもって、自らが名づけました。フランスの分析家ジャック・ラカンを目指し、また無意識という闇を意識の光で照らし、自らも天と海の間にあって、光り輝く人となるように、そういう意味を込めました。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Copyright(c) ラカン精神科学研究所(埼玉県鴻巣市) All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by flower&clover *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]