忍者ブログ
ラカン精神科学研究所では、心の病、悩み相談・治療をしています。薬物や催眠・暗示を使わず主に精神分析という対話療法です。その他ご相談もお受けします。 埼玉県鴻巣市にセラピールームがあります。 遠方の方には出張セラピー、スカイプ・電話によるセラピーも行っています。 詳しくは下記ホームページを参照し、お問い合わせください。 ラカン精神科学研究所ホームページ http://lacan-msl.com/ 登校拒否、引きこもり、ニート、自殺念慮、非行、家庭内暴力、神経症(強迫神経症・不安神経症など)、恐怖症(対人恐怖症・広場恐怖症など)、パニック障害、摂食障害(過食症・拒食症)、家族問題(子育ての悩み・親子関係・夫婦関係)・・などその他ご相談ください。
〓 Admin 〓
<< 06   2019 / 07   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     08 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

 

2014年12月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン57号発行しました。

 

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

 

No,57今月のメルマガは 「甘えと癌」です。

 

 

・・・重要な生命活動のエネルギー源は糖質です。

糖質とは簡単にいえば糖分=甘いものです。

これを人の精神でいうと、『甘える』 ということです。

 

・・・癌は糖分が大好きで、がんの最大のエサはブドウ糖だというのです。

 

・・・親自身に甘えたいがあると、子どもを甘えさせることが出来ません。

子どもを甘えさせると、

自分の不足している甘え(糖分)を更に奪い取られることになります。

 

・・・自分に甘えたい心があることを知り、受け入れて認め、

甘えを現実の中で健康的に今の自分として満たす方法を考えること。・・・

 

   (メルマガより一部抜粋)

 

 

興味ある方はお読みください。

 

 

 

http://archive.mag2.com/0001106260/index.html 第57号 ラカン精神科学研究所メールマガジン

 

 

                                       インテグレーター(精神分析家) 登張豊実(とばりとよみ)

 

 

下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

 

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。

 

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

 

拍手[0回]

PR

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

 

2014年10月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン55号発行しました。

 

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

 

No,55今月のメルマガは 「オールOKは子どもに感謝と自立をもたらす」です。

 

 

子どもへの『オールOK』は、

必ずこどもの要求、申し出のあったことに対して応えます。・・・

 

子どもは母の言うことをきかないにもかかわらず、

自分の要求に応えてもらうと、“申し訳なさ” が生まれます。・・・

母として子どもにオールOKし続け、子どもの喜んでいる姿を見て

母が共に喜べた時、母親自身も満たされ育ちます。・・・

 

与えられ感謝を知っている子どもは、

成長して今度は人に与えられる人に、そして親になります。・・・

 

(メルマガより一部抜粋)

 

 

興味ある方はお読みください。

 

 

http://archive.mag2.com/0001106260/index.html 第55号 ラカン精神科学研究所メールマガジン

 

 

                     インテグレーター(精神分析家) 登張豊実(とばりとよみ)

 

 

下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

 

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。

 

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

 

  

拍手[0回]

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

 

2014年9月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン54号発行しました。

 

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

 

No,54今月のメルマガは 「子どもの身体のバラバライメージを統合する母の対応:佐世保女子高生バラバラ事件」です。

 

 

このバラバラの知覚・バラバラの身体感覚がバラバラの身体イメージになります・・・

 

人はバラバラな身体から始まって、それを統合していくのが鏡像段階です。

鏡像段階とは母と子が実像と鏡像の関係で、母と子どちらが実像でどちらが鏡像かを決めます。・・・

母が子どもにオールOKして、命令指示しないのは、子どもの実像(実体)を取り戻すためです・・・

 

http://lacan-msl.com/diary3/2014/08/570.html でも書きましたが、

佐世保の女子高生が友人をバラバラにしたのは、

加害者の女子高生が心と体を統合できず

バラバラな身体イメージを持っていたということです。・・・

 

(メルマガより一部抜粋)

 

 

興味ある方はお読みください。

 

http://archive.mag2.com/0001106260/index.html 第54号 ラカン精神科学研究所メールマガジン

 

 

                                      インテグレーター(精神分析家) 登張豊実(とばりとよみ)

               

 

下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

 

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。

 

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

 

拍手[0回]

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

 

2014年8月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン53号発行しました。

 

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

 

No,53今月のメルマガは 「欲望を叶えること(エス)と抑えること(超自我)のバランス」です。

 

 

子どもが勉強をしないと将来生きていけるのか、

生活していけるのか、親は不安になります・・・

 

親の不安から「勉強しなさい」、「塾に行きなさい」というので、

子どもはそうしなければいけないのかと思って親の言うことをききます。

 

親の考えや価値を押し付けていては子どもが自分らしく生きることができません。・・・

社会一般も親もエスの衝動を恐れるあまり、エスを抑圧します・・・

 

現実適応しながら、エスを放出し欲望を叶えれば楽しい人生となります。・・・

 

(メルマガより一部抜粋)

 

 

興味ある方はお読みください。

 

http://archive.mag2.com/0001106260/index.html 第53号 ラカン精神科学研究所メールマガジン

 

 

                     インテグレーター(精神分析家) 登張豊実(とばりとよみ)

 

 

下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

 

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。

 

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

 

拍手[0回]

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

 

2014年7月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン52号発行しました。

 

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

 

No,52今月のメルマガは 「子どもの問題行動はサイン」です。

 

 

問題行動を起こす子どもをIP(identified patient) といいます。

これは家族システムの異常を外に向けて信号として発信する子どもです・・・

 

子どものサインである段階でなら、家族システムの歪みを正せば、

子どもの問題行動は止まります。

しかし、放置し対応しなければ、

最初はサインであった問題行動が徐々に子ども自身を侵食していきます。

 

 

・・・子どもに対応するとき、ただやればいいというのではありません。

・・お母さんの笑顔が一番です。・・・(メルマガより一部抜粋)

 

 

興味ある方はお読みください。

 

http://archive.mag2.com/0001106260/index.html第52号 ラカン精神科学研究所メールマガジン

 

 

                     インテグレーター(精神分析家) 登張豊実(とばりとよみ)

 

 

下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

 

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。

 

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

 

拍手[0回]

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。
2014年5月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン50号発行しました。
日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。
No,50今月のメルマガは 「心的外傷:監禁・奴隷化」です。
「親の価値と考えでレールを敷き、子どもにその上を走らせれば
『 監禁、奴隷化 』 と同じです。
親が敷いたレール以外の道を子どもが行くことを許さず、
命令指示し親が決めてしまいます。
・・・子どもを奴隷化し完全降伏させるために効果があるのは、
気まぐれに少しだけ楽しみとご褒美を与えることと、
気まぐれにランダムに子どもを怒ることです。
・・・子どもの主体性を育てるには待つことです。・・・(メルマガより一部抜粋)
興味ある方はお読みください。
下記のサイトにメルマガ登録画面があります。
http://archive.mag2.com/0001106260/index.html第50号 ラカン精神科学研究所メールマガジン
                     インテグレーター(精神分析家) 登張豊実(とばりとよみ)
下記のサイトにメルマガ登録画面があります。
http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。
http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

拍手[0回]

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。


2014年4月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン49号発行しました。


日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

No,49今月のメルマガは 「父の役目と子どもの万引き」です。


「子どもが学童期(小学生)になると、社会に適応するための基礎となる社会性や、


人間としての心を、子どもに教え指導する中心となるのは「父親」になります。


この時期に父が不在であったり、父として機能していないと、


子どもは非行などの問題行動に走ります。


それはこの家が機能不全であることを外に知らせ、


SOSを発信する子どものサインであり、


父を家族内に呼び戻すための行動です。・・・(メルマガより一部抜粋)


興味ある方はお読みください。



下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

http://archive.mag2.com/0001106260/index.html第49号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


                     インテグレーター(精神分析家) 登張豊実(とばりとよみ)


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。


http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。


http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。


拍手[0回]

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。


2014年3月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン48号発行しました。


日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,48今月のメルマガは 「家族 」 です。



「・・・家族をまとめるためには、リーダーが必要です。


そのリーダーのもとに、家族を構成するメンバーがいて、


家族という一つの組織(システム)が出来ます。


・・・この家族システムが機能するために大切なことがあります。


一つは、祖父と祖母、父(夫)と母(妻)、子ども同士の兄弟


という同世代同士がまず仲良くすることです。


・・・そしてもう一つ、各世代の間に 『世代境界 』 をしっかり作ることです。


世代境界をつくり、この境界を超えない、干渉しないことです。・・・(メルマガより一部抜粋)


興味ある方はお読みください。


http://archive.mag2.com/0001106260/index.html第48号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


                     インテグレーター(精神分析家) 登張豊実(とばりとよみ)


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。


http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。


http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。


拍手[0回]

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。


2014年2月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン47号発行しました。


日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,47今月のメルマガは 「会話が家庭の平和と団欒をつくる 」 です。



「・・・まず家族が互いに言いたいことが言える関係を作ることです。

それには、夫婦でも親子でも互いを尊重し、対等な関係であること。


・・・会話のトレーニングの基本は、会話を長く続けることです。


暴投では受けとれないのでストライクを投げることです。


これを会話でいうと、否定しないこと。


・・・親は自分が絶対正しい、その自分と違う考え・意見を言う子どもは間違っている、


というのがあるからです。


・・・対等な関係が、いつでも言いたいことが言える環境を作ります。


会話が愛着を、親密さを、絆をつくり、良好な人間関係を築くことになります。・・・(メルマガより一部抜粋)



興味ある方はお読みください。


http://archive.mag2.com/0001106260/index.html第47号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


                     インテグレーター(精神分析家) 登張豊実(とばりとよみ)


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

http://lacan-msl.com/mailmaga/
メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。


http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

拍手[0回]

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。
2014年1月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン46号発行しました。
日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。
No,46今月のメルマガは 「 愛情は温もり」 です。
「・・・物として扱われた子どもが、
自分への取り扱いを丁寧にされるためにとる二つの方法がある。
・・・対等を超えて、更に子どもの存在価値をあげてくれるのは母の愛情である。、
その愛情は言葉では伝わらない。
それは愛情には「情」という言葉にできないものが付いているからである。
・・・この温もり、心使い、思いやりが愛情である。
この愛情を温もりを、子どもに向け伝えられたら素晴らしい。・・・(メルマガより一部抜粋)
興味ある方はお読みください。
http://archive.mag2.com/0001106260/index.html  第46号 ラカン精神科学研究所メールマガジン
                    インテグレーター(精神分析家) 登張豊実(とばりとよみ)
下記のサイトにメルマガ登録画面があります。
http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。
http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

拍手[0回]

カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[07/30 ゆき]
[05/11 敬語のマナー]
[07/09 mikan]
[11/28 解脱金剛]
[11/23 ち〜]
最新TB
プロフィール
HN:
登張豊実(2014年改名)
性別:
女性
職業:
インテグレーター(精神分析家)
趣味:
スポーツ 着物
自己紹介:
1958(S.33)年 滋賀県大津市に生まれる。
1983(S.58)年 結婚とともに京都市伏見区に住む。後に二女の母親になる。
1994(H.06)年 精神分析を受け始める

 二人の娘をのびのびと心豊かに、優しく育てたいと願いながら、全く逆に口うるさく命令指示し、手さえ上げてしまう自分に愕然とし、これは治療の範囲であることを自覚し、分析治療に入る。

1996(H.08)年 大沢精神科学研究所のインテグレーター養成講座で、3年間精神分析理論を学ぶ。
1999(H.11)年 吉川精神科学研究所を開設する。
1999(H.11)年 母親教室開始。
2001(H.13)年 吉川精神科学研究所ホームページ開設
2004(H.16)年 ラカン精神科学研究所に名称を改め、インテグレーター名を天海有輝とする。
2004(H.16)年 ラカン精神科学研究所ホームページ開設
2005(H.17)年 京都府青少年の社会的ひきこもり支援ネットワーク協力参加
2007(H.19)年 天海有輝のセラピー日記(ブログ)開設
2007(H.19)年 ㈱ラボックスの「京都良店」に「京都良店的深層心理テスト」掲載開始。
2007(H.19)年 分析理論講座・インテグレーター養成講座開始。

 ラカン精神科学研究所の名称と、インテグレーター名「天海有輝」は、精神分析的考えのもと、他者の願望や欲望によって付けられた、子ども時代の名前を改め、自らの意思と主体性をもって、自らが名づけました。フランスの分析家ジャック・ラカンを目指し、また無意識という闇を意識の光で照らし、自らも天と海の間にあって、光り輝く人となるように、そういう意味を込めました。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Copyright(c) ラカン精神科学研究所(埼玉県鴻巣市) All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by flower&clover *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]